Home三位一体開運法三位一体開運法のやり方

やり方はとてもカンタンです!

認定証 まるかんのお店 美来(みらい) 中川典子殿 あなたをボランティア気功師 三位一体開運法 火の鳥の行 名誉師範として認めます 楽しい気功の会 最高師範 斉藤一人

三位一体開運法は、斎藤一人さんから伝授された開運の行です。
やり方はとても簡単です。 一人さんのマッサージクリームで、顔にツヤを出して福相にし(または一人さんの青汁で体内を綺麗にし)、 印を結び、神言を4回唱え、一人さんから教わった動作を行うだけです。
もう一回整理しますよ。

  • 顔にツヤ(つやクリームを塗る。またはデトックス青汁を飲む)
  • 神言(特約店が教えます)
  • 印(特約店が教えます)
  • 三位一体の所作(特約店が教えます)

基本的に開運法の所作は、特約店(名誉師範)からの直伝です。 細かい所作などがどうしても伝わらないのですが、どのようなものなのか知りたい方の為に、 ざくっと説明しますね。



1)まず神言(師範のみ)

まず斎藤一人さんから口伝で伝えられた、師範だけが知ることが出来る神言を唱えます。 これは師範の方だけなんで、一般のボランティア気功師の方は次の2)から見てください。



2)神言(師範・ボランティア気功師 共通) 2礼

神言というか、これから三位一体開運法を行う宣言をします。 手を合わせ2礼します。



3)神言(師範・ボランティア気功師 共通)

斎藤一人さんから教わった神言を4回となえます。



4)岩戸の行

丹田に気を集中させ、「はっ!」と気を発し、岩戸の行を3回行います。



5)火の鳥の行

手を広げ火の鳥の行を2回行います。(パチンと音を鳴らせて、両手を合わせてください。)



6)終わりの一礼

「ありがとうございました」とお礼を述べた後で一礼。


以上のような感じなんですが・・・カンタンでしょう!?
まあ、やり方は簡単なんですが、やり方を、今このページをご覧のあなたに伝えるのは至難の業です。 これは文字で説明しても伝わらないし、一連の動作なので、写真だけでも伝わりにくいのです。 また教わって自宅に戻った時「忘れちゃった」という人も多いのです。

ワンポイントアドバイス

「まあ文字だけじゃわかんないよね。直接店で聞くけど、ポイントだけでも教えてよ。」と言うアナタの為に。 いくつかポイントをお教えしますね。

鋭い方ならお気づきだと思いますが、この三位一体開運法には「2礼2拍手1礼」の動作が入っています。 そうなんです。三位一体開運法は神事(かみごと)そのものなんです。 まずその事を理解して念頭においてください。

全体の所作ですが、斎藤一人さん曰く「神事(かみごと)は美しくなければいけない」らしいので、 優雅に美しく舞うような気持ちでやっていただいてもいいかも知れません。

また神社でお祓いを受けた方ならご存知だと思いますが、 お祓いの際に、神官の方は、背筋をしっかり伸ばして、腰を直角ぐらいになるまでしっかり折ります。 ですから、アナタも同じように、2礼1礼、をする際には、背筋はシャンと伸ばしてください。



やり方忘れた!そんなアナタに

以上ざっくりとご説明しましたが、実際にはボランティア気功師を申し込んだお店でしっかり指導してもらってくださいね。

「教えてもらったけど忘れちゃった。」「細かい所作が思い出せない。」「これであってるか不安。」etc・・・ 「そんなアナタ」はお気軽にご質問ください。今すぐどうぞ。

電話の方  :0120-935-530
メールの方 :こちらにメールをお送りください。







ページトップへ









Copyright (C) mirai All Rights Reserved.